ひかりTVの解約時に失敗する理由として、2ねん割の違約金が挙げられます。

場合によっては1万円の違約金がかかる

ひかりTVは同業他社に比べて安価に導入できる映像サービスです。
しかし、何も考えずに利用を始めてしまうと、契約の内容によっては解約の際に金銭面で「損をする恐れがある」一面もあります。

違約金に注意が必要な2ねん割

損をする恐れがあるのは、「2ねん割」という契約の対象者です。
2ねん割とは、2年間契約を継続させることで、24ヶ月の間毎月の料金が割引されるサービスを指します。
本来なら割安で契約できるありがたいサービスですが、24ヶ月を待たずに解約する場合は、「10,000円の違約金」が発生してしまいます。

 

できるならば高額な違約金は避けたいものです。
では、違約金を支払って損をしないように解約するにはどのような方法が良いのでしょうか。
せっかく契約したからには、最後の最後で後悔しないように以下の「失敗しない解約」を実現しましょう。

 

失敗しない解約方法

2年間利用した後で解約する

もっともおトクで平和的な解約が「更新月で解約する」方法です。
2ねん割のプランは、どうしても自己都合で中途解約をしようと思うと、違約金を払わなくてはいけない状況に陥ってしまいます。

 

しっかりと2年間使い続けた後で、2ねん割のプランを組み直すタイミングで解約すれば、違約金を支払う必要はありません。
契約内容を確認し、同意の上で2年間使い続ける覚悟をして割引を適用させましょう。

 

最初から2年契約で加入しない

そもそも2ねん割を適用させないで契約を始めるプランもあります。
最初から半年程度の利用しか求めていない場合は「通常料金」でプランを組む方が解約の際にかかる費用が少ないです。

 

通常料金と2ねん割プランの金額差は全てのプランで「1,100円」なため、10ヶ月以上使う場合は、違約金を支払ってでも2ねん割で契約した方がおトクになります。
利用シーンに合わせて適切な選択をしましょう。

 

解約の際の注意点

解約に伴いできなくなることをしっかりと把握しておくことも、失敗のない解約には欠かせません。
「解約しても使えると思ったのに!」というトラブルを引き起こさないように、以下の点に十分注意しましょう。

 

地デジやBSが見られなくなる

解約に伴い見られなくなるのは、ひかりTV専用のチャンネルだけではありません。
アンテナがない家庭で地デジ・BS番組を視聴していた場合は、そちらのテレビ番組も完全に見られなくなります。

 

HDDに録画した作品も見られなくなる

ひかりTVを経由していた場合、HDDに録画していても作品は視聴できなくなります。
この条件は知らない人が多く「後から見れると思って取っておいたのに!」というトラブルに発展しやすいので気を付けましょう。

 

契約前に行う内容の確認が重要になる

契約内容に注意が必要なひかりTV

 

ひかりTVの違約金を絶対に発生させたくなかったら「2年間は利用する」もしくは、そもそも「2ねん割に加入しない」という方法しかありません。
トラブルを引き起こさないためには、とにかくしっかりと契約の内容を確認した上での加入が大切になるのではないでしょうか。