ぷらら光のひかりTVセットを契約するなら、2ねん割の違約金に注意が必要です。

光回線を「ぷらら光」にすることで更におトクに

ひかりTVがお得に契約できるぷらら光

 

ひかりTVによるサービスを楽しむためには、テレビの他に「光回線」を用意する必要があります。
しかし、光回線を提供する事業者は数多く存在するため、どこの事業者を選べば良いのかわかりづらいのが現状です。

 

希望があれば別に問題はありません。
しかし、「できるだけ安く済ませたい!」と具体的な希望がある場合は、「ぷらら光」を選択してみてはいかがでしょうか。

 

ぷらら光は、ひかりTVの運営と同じ「株式会社NTTぷらら」が提供する光回線サービスです。
ひかりTVと同時にお申し込みをすれば料金が割引になるおトクなサービスを展開しています。

 

回線込みのおトクなプラン「ひかりTVセット」

ひかりTVと同時にぷらら光を契約することでおトクになる理由として「ひかりTVセット」の存在が挙げられます。
「ひかりTVセット」は、ひかりTVの「テレビおすすめプラン」に「2ねん割」を適用させた上でぷらら光を契約するセットのことで、月額料金がずっと660円割引される特別な契約です。

 

具体的には、戸建ての契約だと「6,270円(税込)~」、集合住宅の場合だと「4,950円(税込)~」の料金が適用されます。
他社における月々の光回線維持費と同等、もしくは数百円の割り増しがされるだけで動画やテレビチャンネルが見放題と考えると、非常におトクなサービスです。

 

契約時のポイント

光回線を契約してない人

光回線をこれまでに契約してこなかった人が契約する際は「光回線の工事が必要」です。
まずはぷらら光の工事業者と連絡を取り、自宅に光回線を開通させましょう。

 

光回線を契約している人

すでに光回線を契約している人でも、料金見直しのために「乗り換え」をすることが可能です。
まずは、NTT東日本・西日本より「転用承諾番号」を取得して、光回線を乗り換える準備から始めましょう。

 

2ねん割の注意事項はしっかりと確認しておく

最安価のプランで光回線とひかりTVを同時契約しようと思った場合、2ねん割への加入が欠かせません。
2ねん割は2年間固定で契約する代わりに、基本プランの料金に1,100円の割引が適用されるサービスです。

 

一方で、自己都合で2年間の契約を中途解約したい場合「違約金」が発生します。
違約金は10,000円も掛かるため、中途半端に解約すれば割引されてもプラマイゼロどころかマイナスになってしまうのです。
これはトラブルになりやすい注意事項ですので、必ず確認しておきましょう。

 

 

おトクなキャンペーンに注目

ひかりTVを契約する際には、テレビと光回線さえあれば問題ありません。
しかし、光回線を契約していない場合は、同時加入でおトクになる「ひかりTVセット」を利用できる場合があります。
必要な環境が揃っていない場合は、そのときに応じてキャンペーンに注目してサービスを検討してみるのも良いのではないでしょうか。